家族に見られたくないものは生前整理しておこう

財産分与のトラブル予防

ダンボール

元気なうちにしておくこと

家族や親族が亡くなると故人の遺品整理をすることになります。故人の所有物が大量にある、遠距離にいて時間がないなどの理由から遺品整理が進まないという方もいます。遺品の中には預貯金や金融商品、不動産が含まれていると財産分与の配分が原因となってトラブルになるケースもあります。このような親族間のトラブルは生前整理をしておくと発生を予防することができます。生前整理は元気なうちに自分の所有物をできるだけ整理しておき、家族に迷惑がかからないようにするためのものです。不動産以外でも不用品や大型家具家電の廃棄処分なども必要になってきますので業者に依頼したほうがスムーズ進みます。生前整理業者は遺品整理業者、便利代行業者、不用品引き取り業者などが主に行っていました。しかし、近年では生前整理専門業者も増加しておりどこに頼めば良いのか迷う方もいます。生前整理を依頼する時は数社から見積もりを取るとわかりやすくなります。各社の生前整理費用とサービス内容をじっくり比較して検討することが大切です。生前整理は残しておきたい所有物の内容や所在場所をきちんと記録しておくことが重要です。この点をアドバイスしてくれる業者を選ぶようにしてみましょう。また、生前整理は不用品を廃棄するだけでなく財産目録や遺言書作成なども含まれてきます。財産目録や遺言書作成が必要な場合は司法書士などの専門家と提携している業者を選ぶのも1つの方法です。この他には生前整理を終えた場所を清掃してくれる業者もいますので、清掃を希望する場合はサービス内容に含まれているかチェックしておきます。このように生前整理を依頼する時は自分の予算や必要なサービスを考慮して業者を選びたいものです。